• 期間工として働くメリットとは

    期間工として働くメリットは、契約期間内は社員として雇用されるので、社会保険に加入できることが挙げられます。
    厚生年金に加入することで、将来受け取る年金の金額も増えるようになります。


    さらに雇用保険に入ることで、契約が満期を迎えた際の退職時には給付金も受け取れます。また期間工の時給は比較的高いことで有名です。



    未経験者であっても採用される上に基本給が高い仕事は、そう多いものではありません。
    これはまず、研修をしっかりと受けることで誰でも作業できる仕組みが挙げられます。



    さらに応募の際には学歴もそれほど問われることがないので、大抵の人は採用されることになります。

    また期間工は自動車の組み立てラインで作業するケースが多いものですが、周りの人と関わることがあまりないのも利点と考えられています。
    例えば営業職のようなノルマはありませんし、基本的に自分の作業に集中することができます。何かしらのストレスを抱えて仕事を辞めた人は、期間工の仕事に携わって静養を兼ねるケースも多くみられます。

    あるいは給料の高さにより、短期間でお金を貯めたいと考える人も多くいます。
    寮を用意されることにより、居住費をかけることもなくなります。
    そのために借金を早期に返済して生活を再建させる人も中にはいます。



    また単純作業を繰り返す中で、少しでも作業効率を高めることを習慣にしている人もいます。そのような習慣は課題発見と解決のスキルを高めることにつながるので、再就職の際には大いに役立つことになります。